アートプライス鑑定館のご紹介
社 名 有限会社アートストック
有限会社アートストック
所在地 〒248-0006
神奈川県鎌倉市小町2-1-17
プチル小町1階
U R L http://www.artstock.jp/
設立 平成17年3月25日
資本金 300万円
古物商番号 東京都公安委員会 第303250506773号

よくある質問

質問

沢山あるので、一度見に来て欲しいときはどうすればよいですか?

回答

担当地域のスタッフよりご連絡させていただきますので、お電話または査定フォームよりまでご連絡くださいませ。


質問

どんなものでも買取可能ですか?

回答

作品によっては、買取の難しい作品がございますので、一度ご連絡いただければと思います。


質問

自分が描いた作品は買取可能?

回答

誠に申し訳ございませんが、ご自身で描かれた作品の買取は行っておりません。


質問

取扱作家一覧に無い作品でも買取ってくれますか?

回答

取扱作家一覧に載っていない作家も、多数お取扱がございますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。


質問

自分が作品を売ったことを、人に知られたくないのですが...

回答

当社から第三者に、お客様の情報が漏れることはございませんので、安心してください。


質問

どこでも出張してもらえるの?

回答

特に出張範囲は定めておりません。東京・大阪・名古屋・九州・仙台・広島の各支社の近郊は極力お伺い致しますがご予約状況などによってはお伺い出来ない事もございます。遠方のお客様には宅配でお願いしております。


質問

出張は有料ですか?

回答

無料でご対応させていただきます。


質問

自宅以外で買取して欲しいのですが?

回答

古物商の取引規定により、所有者様のご自宅または弊社オフィス以外ではお取引出来ません。


質問

出張買取をお願いした時は必ず売らないといけないの?

回答

絶対に売らなくても大丈夫です。まずはお電話かメールでおおよその買取価格をご連絡させていただきます。お伺いさせていただいた際、作品の状態によりお電話での価格と開きがある場合は、お断りいただいても大丈夫です。


質問

作品を送りたいので発送方法を教えて下さい。

回答

まずはお電話ください。弊社より必要書類を郵送いたしますので、ご記入いただき身分証明書のコピーを貼付し作品とともにご返送ください。


質問

宅配の際の送料は?

回答

お送りいただく際の送料は弊社で負担いたします。お取引不成立の場合は、着払いで返送させていただきます。


質問

作品発送後のキャンセルは可能?

回答

希望金額と異なる場合、キャンセルしていただいても結構です。返却時の送料はお客様負担となります。


質問

作品を送った後の入金はいつ?

回答

弊社に作品到着後、作品を確認いたしましてお客様との連絡が取れ次第、お振込みさせていただきます。


質問

直接作品を持って行きたいのですが?

回答

まずはお電話にてご予約ください。ご希望の日時に専門のスタッフが対応させていただきます。


質問

来店時、何を持って行けばいいですか?

回答

運転免許証や健康保険証などの身分証明書と印鑑をお持ちください。


質問

箱がなくても大丈夫ですか?

回答

基本的には、共箱・極箱といわれる箱が必要ですが、中には箱がなくてもお値段のつく作品がございますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。


質問

箱に書いてある文字が読めません。どうすればよいですか?

回答

お写真かメール(ボタンを押すとメールフォームが開く)をお送りいただくか、直接お持込みくださいませ。


質問

相続税の対象・非対象の区別は?

回答

美術品全般において課税の対象とお考え下さい。(価値がある=財産)


質問

資産評価はどのように行うの?

回答

相続税の算出は、財産(美術品・現金・有価証券・土地など)を全てを現金に換算を行った上でおこないます。美術品につきましてはそれらを取扱う美術商(アートディーラー、古美術商など)や画商と呼ばれる方々が資産としての評価を行います。


質問

評価は時価で行うのですか?

回答

相続税法22条:評価の原則(相続、遺贈又は贈与により取得した財産の価額は、当該財産の取得の時における時価により、当該財産の価額から控除すべき債務の金額は、その時の現況による:中略)に基づき、財産を取得したとき(相続した時点)での評価となります。


質問

時価がないものはどうなりますか?

回答

模造品やコピーの場合、財産として評価されることはありません。但し版画やリトグラフ等は除きます。


質問

税務署における真贋判断は?

回答

税務署は当然ながら専門の知識がないため、あくまで収入・経歴・蓄財傾向などを基準に予測をする傾向があります。贋作の申告が生じた場合等、国税局から鑑定を依頼する流れとなります。


質問

年鑑類の値段を参考にしているの?

回答

年鑑に記載されている価格は、その作家の最高値(人気が高かった時期の価格、状態が良い場合の価格)であるため、あくまで目安のひとつとして判断を行います。各種美術商・画商の方々は、現在の流通相場を基準に評価される場合がほとんどです。


質問

美術品の物納は可能ですか?

回答

基本的に美術品(動産)の物納はありませんが、国宝指定のある美術品の登録場所は優先的に物納が可能です。この場合、国が評価を行い、その評価額に応じて相続税が発生しますが、その価格が物納可能となります(但し、文化庁に登録された登録美術品に限ります)


質問

損害賠償・請求に関わる査定は?

回答

当社では対応致しかねます。ご了承下さい。


質問

デジカメがないのですが...

回答

携帯メールや写真の郵送で結構です。図柄を見せていただければ、より正確な査定金額がご連絡出来ます。


質問

写真を撮る際のポイントは?

回答

作品の全体の写真、サインのアップの写真があればおおよその査定額がわかります。また、絵画の場合フラッシュをたく際には、真正面からではなく斜めから撮影すると、映り込みが少なくきれいに撮れます。


質問

どこを撮ればいいの?

回答

全体写真に加え、ジャンル別に下記ポイントにご注意の上、撮影してください。なお撮影はデジカメを推奨致します(携帯電話のカメラは画質が低いため推奨致しませんが、スマートフォン等、高画質で撮影可能な機種であれば問題ありません)

【日本画】
○絵画内に記された落款・印章
○裏面に貼ってある共シール(作家本人の自題、自著、印章)
○作品に付属する証明書等

【洋画】
○絵画内に記されたサイン
○額や木枠にあるシール
○キャンバス裏や木枠に記された自題、自著、年記
○作品に付属する証明書等

【掛軸・茶道具・陶磁器】
○絵画内に記された落款・印章 ※掛軸の場合
○作品の底面に記された銘(印銘・掻銘・描銘) ※陶磁器の場合
○箱書(付属の木箱に書かれた作品名、自著、印章)
○作品に付属する証明書等


質問

買取査定フォームから画像が 送れないのですが

回答

買取査定フォームより画像が送れない場合は、メールにてお送りください。


質問

返事が来ないのですが

回答

休業日を除き、翌日までに返事がない場合はメールが弊社に届いていないか、メールアドレスの間違いなどの可能性がございます。再度メールを送っていただくか、お電話にてお問合せください。


質問

「鑑定」と「査定」の違いは?

回答

鑑定とは、作品が本物か贋作かを見極めることです。査定とは当社の場合、買取としての価格を査定額とさせていただいております。


質問

鑑定を取って欲しいのですが...

回答

弊社にご売却のご意思がある場合は、売買契約後に鑑定の手続きをさせていただきます。鑑定料金は、作家により異なりますのでお問合せください。


質問

領収証は発行してもらえるの?

回答

弊社への売却時・弊社からの購入時、ともに領収証を発行いたします。


質問

個人情報の取り扱いについて

回答

個人情報につきましては、こちらをご覧ください。